パクチーは少し暑い日などに継続して激しい運動をすると、後ろ足がよろよろしてくるので、その対策としてスポーツドリンクについて考えてみた。

ブリーダーさんから筋肉疲労に関して、このページの情報を教えていただいた。要約すると通常の運動時は血中のブドウ糖を使用して継続的に運動をしているが、ドッグスポーツなど激しい運動をする際には、血中のブドウ糖に加えて脳、肝臓、筋肉に貯蔵してるグリコーゲンを使用して運動するため、それが枯渇した時点で筋肉を動かすことができなくなる。その対策として日頃からグリコーゲンの多く含まれる馬肉、鶏肉を摂取するというもの。

ブリーダーさんからは、グリコーゲンの補給として、「K9 Bluelite」を勧められた。販売サイトを見てみると7500円もする。500mlのドリンクを84回作れるみたいだが我が家には痛い出費。

なのでK9ブルーライトの成分をチェック。配分の多い物から前に書いてあるので順番に確認してみた。1-ブドウ糖、2-マルトデキストリン、3-クエン酸、4-塩分 ・・・あとはかなり微量な量になると思われる。今回の目的はグリコーゲンの補給なので他の成分はあまり気にしないことにする。塩分はにがり成分も入ったものを使用することで微量にミネラルも補給できるはず。

アスリートドッグ用スポーツドリンクレシピ

K9ブルーライトの成分を参考にしつつ、人用のスポーツドリンク、犬用のスポーツドリンク等の成分を元にレシピを作成しました。あくまで素人のやることなので効果を保証するものではありません。

用意する材料
アスリートドッグ用スポーツドリンクレシピ
  • 水         1L
  • ブドウ糖      大さじ 1杯
  • マルトデキストリン 大さじ 1杯
  • クエン酸       0.5g
  • 食塩         0.5g

ブドウ糖、マルトデキストリンの量は激しい運動をする前に飲ませる場合はもう少し増やしてもいいかもしれません。10〜20kgの体重の犬の場合、1日に2.42〜4,84gの塩分摂取が推奨されているので、飲み過ぎに注意が必要です。

パクチーがこれを飲んでどうなのかこれから検証してみたいと思います。