ボーダーコリー好きは世界共通かも。

今日は京都嵐山に近いところにある鈴虫寺にやってきました。

80段ある石段を上がるとお寺があります。

ここがなぜ鈴虫寺と呼ばれているかというと

年間通して鈴虫お寺の中に5千匹の鈴虫がいるからです。

前の住職さんが人の気持ちを癒やしてくれる鈴虫の音色を

一年中聞くことは出来ないかと30年かけて研究し

冬でも鈴虫を鳴かせることに成功したそうです。

鈴虫寺石段

鈴虫寺境内

ここのお寺は鈴虫だけではなく

このお地蔵さまが願いを叶えてくれることでも有名です。

通常、お地蔵さまは裸足なのですが

ここのお地蔵さまはわらじを履いておられます。

それは、願をかけた人の家に尋ねていくためだそうです。

一度にお願いできるのはひとつだけ。

なにか叶えたいことのある方は行ってみてはいかがですか。

鈴虫寺のお地蔵さま

お寺を後にして待たしていたパトンの散歩をしに

嵐山へ向かいました。

まだ桜はほんの少ししか咲いていませんでしたが

人がそんなに多くなくてのんびりと散歩できました。

渡月橋とパトン

散歩中、きれいに咲いていた桜をパチリ。

嵐山・早咲きの桜

人力車もパチリ。

人力車

なんてことをしつつ散歩していると

後ろから携帯をもった外国人の美しいご婦人が

「Excuse me~」と叫びながら走って追いかけて来られました。

あまりにもかわいいパトンを撮影させてほしいのかな?

などと勝手に犬バカな思考回路で考えていると

携帯の画面を指さして

「私もオーストラリアでボーダーコリーを2頭飼っているんですよ。

1頭は同じブラック&ホワイトで、

もう1頭はシャンパンのバイアイズなんですよ」と言われました。

ボーダーコリー好きは日本の人も、オーストラリアの人も同じだなあ。

こちらからお願いして一緒に記念撮影もさせていただきました。

メールアドレスを聞かれたのでパトンの名刺を渡すと

またそちらのお家のボーダーコリーの写真を送ってくださるとのこと。

とっても楽しみです。

オーストラリアの美しいご婦人

It’s been a great pleasure to meet you.

We are border collies lover! 

楽しい出会いがあったあとは空腹に耐えきれず

パトンもいっしょにいられる茶店でお昼ご飯をいただきました。

 

お昼ご飯を食べた茶店

ここの亀山家さんは、美味しくボリュームもあるにしん定食が800円と

嵐山とは思えぬコストパフォーマンスで気に入りました。

にしん定食

さらに車に戻る前に発見したソフトクリーム屋さんで

ソフトクリームをぺろり。

普段はあまりお菓子とかあげないんですが

今日は車の中に長時間待っていたので

パトンも特別に少しだけあげました。

 

 

ソフトクリーム

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

迷子犬情報!